輝け!憲法9条。 2008年春、9条ピースウォークに共にとりくんだ          湘南の仲間の自由な広場です。(2009年3月、BLOG名称を変更しました)


by syonan-0804
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:こぼれ話( 14 )

「憲法9条部隊」


先日の朝日新聞、ひと欄です。

b0131214_19311365.jpg

この新聞記事になった元の主張が以下です。
軍事力に頼らないで世界平和を志す日本国憲法の理念が、国際的に
評価されていることを、改憲派の方が認めていらっしゃる訳です。


February 09, 2010
「闘え!護憲派」-「憲法9条部隊」の創設を-

 最初に述べておく。私はいわゆる護憲派ではない。地域紛争や「新しい
戦争」など冷戦後の安全保障環境には必ずしもそぐわない憲法9条を改
正し、自衛隊を軍隊と認め集団的自衛権の政府解釈も変更し、自衛隊を
国連PKOや国際警察活動や国際治安維持活動に積極的に参加させる
べきだと考える改憲派である。

 にもかかわらず、現時点では改憲ではなく、次善の策として護憲による
国際協力を主張せざるを得ない。後に詳述するが、その理由は二つある。

 第1に、政権交代という国内政治情勢の変化、平和憲法に対する国内
外の肯定的世論などを考慮すると、憲法9条改正はもちろん集団的自衛
権に関する政府解釈の変更もここ当分難しいと考えられるからだ。

 これよりももっと重要な第2の理由がある。それは日本の平和憲法が
日本にとって最も強力なソフトパワーの一つになったことである。自衛隊
というハードパワーが国際社会で使えない以上、代わりのパワーを考え
ざるを得ない。これまでは軍事力に代えて経済力をハードパワーとして
用いてきた。しかし、その経済力にも翳りが出てきた。そこで経済力の補
完、代替として平和憲法がソフトパワーとして重要性が増してきたのである。
(後略)

加藤朗の目黒短信・「疚しい良心」に苛まれないために、から一部引用》


おせっかいですが振り仮名を…
「疚(やま)しい良心」に苛(さいな)まれないために
【文責・茅ヶ崎】
[PR]
by syonan-0804 | 2010-06-13 19:36 | こぼれ話
b0131214_1032217.jpg


 昨年の「年越し派遣村」村長の湯浅誠さんが、
管さんの担当する国家戦略室の政策参与に
就任することが決まりました。厚生労働省が
初公表した「相対的貧困率」統計で、国民の
7人に1人が貧困状態という日本の姿が改めて
明らかになりました…。



 さて、このような状況の下で、地元茅ヶ崎
(および湘南)でもホームレスの人々が増えて
います。
 以下は、地元でのホームレス問題をめぐるお知らせとお願いです。

■ 雑誌「ビッグイシュー」
    茅ヶ崎での販売が再開されています


○ 8月15日、多くの読者の期待の声に励まされて、およそ1年3ヶ月振り
 に茅ヶ崎での雑誌「ビッグイシュー」販売が再開されました。販売員は、
 前回の挫折を見直し、改めて出発したTさんです。販売場所は茅ヶ崎駅
 南口東側階段下がメインです。皆さまのご支援・ご購読をお願いします。
b0131214_10392230.jpg

                         (茅ヶ崎販売員のTさん)

  また同じ時期に、Nさんが「ビッグイシュー」販売を開始しました。こちら
 はかながわ県民センター近く(横浜駅西口から徒歩5分)です。合わせて
 皆さまのご支援・ご購読をお願いします。
  「ビッグイシュー」は毎月1日と15日の2回発行され、1冊300円です。
 最新129号の表紙とスペシャルインタビューは女優の小雪さんです。
 「今は自分の幸せだけでなく、社会に貢献する時代」と語っています。
b0131214_10413869.jpg

○ 今回の販売再開は、”路上生活者ホームレスの社会復帰をめざし、
 自主自立と相互支援”を目的に掲げる「あすなろ会」という小さな市民
 団体が応援しています(連絡先は、茅ヶ崎市民活動サポートセンター内
 レターケース35番です)。
  将来は、第二のTさん(やNさん)が現れることを展望して、とりくみを
 始めています。皆さまのご理解とご声援をお願いします。
 
○ 路上生活者支援の先達、ビッグイシュー日本代表の佐野章二さんが
 多忙な日程を割いて、茅ヶ崎にいらっしゃいます。「あすなろ会」がお招き
 したものです。滅多にない機会です、佐野さんを囲んで懇談しませんか。

 11月16日(月)14:00~16:00・市民活動サポートセンターです。
  参加される方は事前にご一報いただけると幸いです。


「ビッグイシュー」の詳しいことは こちらのホームページをご覧ください。
なお、関連する こちらの記事もよろしければ覧ください。

【文責・茅ヶ崎】
[PR]
by syonan-0804 | 2009-11-01 10:48 | こぼれ話

先にお知らせした「マイカー用・九条ステッカー」の記事に補足説明を
させていただきます。

先の記事に、こう書きました。
┃これまでに普及されてきたサイズは「横60cm×縦10cm」(大)です。
┃私が特注したことを契機に、今後は「横30cm×縦5cm」(小)のサイズも
┃できるようです。
┃ステッカーの代金は(大)が1枚1000円、(小)が1枚500円です。
┃文字の色は色々相談にのってくださると思います。
┃文章は、例えばこんな例があります。

この部分を、以下の通り一部訂正します。

◆文章は3種類
  「平和憲法を守ろう」「憲法九条世界の宝」「輝け!憲法九条」
◆色は5種類
  「青」「赤」「黄」「緑」「白」
◆サイズと代金は2種類
  「大;60cm×10cm 1枚1000円」
  「小;30cm×5cm 1枚600円(10枚で1枚500円)」

              なお、送料は実費をご負担くださいとのことです。

また完成品を送っていただきました。
素晴らしい出来栄えです。
b0131214_1455434.jpg


【文責・茅ヶ崎】
[PR]
by syonan-0804 | 2009-08-01 14:57 | こぼれ話

私は、日頃から、様々なかたちで、ささやかに平和をアピールするように
心がけています
。そのひとつが、マイカーにステッカーを貼り付けて憲法
九条をアピールすることです。
b0131214_1101256.jpg

ほんの少し勇気が要りますが、こういう行動が増えることは世論を支えて
いくうえで意味があると考えて続けています(ステッカーを貼り付けて走る
ようになってから、運転のマナーが自然に良くなりました)。


その「九条ステッカー」を普及している方々がいらっしゃいます。
   「九条ステッカー普及の会」連絡先
   事務局は、〒260-0044 千葉市中央区松波3-3-2 千葉民商(注:民主商工会)内
   連絡・注文はファクスで、043-254-8708 岡本和子さん宛に


これまでに普及されてきたサイズは「横60cm×縦10cm」(大)です。
私が特注したことを契機に、今後は「横30cm×縦5cm」(小)のサイズも
できるようです。
ステッカーの代金は(大)が1枚1000円、(小)が1枚500円です。
文字の色は色々相談にのってくださると思います。
文章は、例えばこんな例があります。
b0131214_111309.jpg


昨年から約300枚普及されたそうです。
そのステッカーを使った皆さんの反響から、幾つかご紹介しましょう。

● お送りいただいた「九条ステッカー」がしっかり目立っています。もっと
人目に触れるように走りたいのですが、ガソリンの高値には参ってしまい
ますね。それではお元気で、お互いに安全運転でいきましょう。”憲法に
キズ”をつけては大変ですから。

● 本日は素敵なステッカーを早速に有難うございました。鮮やかな色調と、
美しい字体の手製ステッカーは、ご主人の労作とか。病気とのたたかい
の中での、九条への想いをこのような形で運動として進められておられる
姿に敬服します。

● いただいた「九条ステッカー」を自動車に貼り付けて図書館に行ったとき、
そのステッカーを見た男性が「これを付けている人はどんなに素敵な人だ
ろう…」と思い、私が図書館を出るまで待っておられたのです。

皆さんも「素敵な人」になってみませんか…。


【文責・茅ヶ崎】
[PR]
by syonan-0804 | 2009-07-27 11:04 | こぼれ話

呉東さんってこんな人!!!


6月11日に行なわれた、
━ごとう正彦と市民の力で「変わる横須賀」6.11大集会━は大成功でした。

知人(Hさん)のレポートを、ご了承を得て転載させていただきます。
少し長文ですが、どうぞお読みください。

b0131214_926810.jpg

***ここから*****************

> 6月11日に行なわれた、
> 「市民の力で、変わる横須賀・大集会」に参加してきました。
> 集会は大成功でした!
>
> 同じ会場で行なった他の立候補予定者
> 吉田氏の集会は入場者500、蒲谷氏は800と聞いていますが、
> 呉東さんの集会にはおよそ1000人の人が集まりました!
> が、問題は中身。でもこれがとても良くて…
> 配布してもらうために用意したマニフェストも
> 机に用意したものがあっという間になくなり、
> 在庫を求めて走り回るほどでした。
>
> さて、問題の中身。
>
> ====================
> 「市民の力で、変わる横須賀」大集会
> 6月11日(木)18:30~20:10
> 横須賀市文化会館 大ホール
>
> プログラムは、
> 八丈太鼓 まごめ会の太鼓演奏ではじまり、
> マニフェスト(09.06.11版)発表、
> ごとう正彦を応援する議員紹介、
> 呉東さん応援歌「横須賀 あなたのいる町」(よろずピースバンド)演奏、
> グループ別活動報告、
> 行動提案、と進み、
> 対談 ごとう正彦・宇都宮健児、
> ごとう正彦の決意表明へ。
> ====================
b0131214_927236.jpg
                 
> 呉東さんと宇都宮健児さんの対談、最高でした。
> 宇都宮さんが始められた、
> 多重債務者相手の“貧困”な弁護士事務所に
> 始めて入った弁護士が呉東さん。
> だから呉東さんは宇都宮さんにとっても「一番弟子」なんだそうです。
>
> 宇都宮さん曰く、
> 呉東さんは「裏表のない熱血漢」
> 「その人柄にはお墨付きを与えます!」。
> それを裏付けるエピソードとして、次のような話をしてくれました。
>
> 80年代、旅行好きの呉東さんは、
> 旅先の、当時はまだソ連・中央アジアのどこかの国で暴漢に遭い、
> 顎にヒビが入る大怪我をしたのだそうです。
> けれど呉東さん、それに気づかず東欧に入り、
> 「東欧のパンは硬いな~」と思っていたとか・・・。
> 意外と豪傑?、それとも??
> いえ、すごいのはその先の話です。
>
> 日本に戻って数日後、怪我が判明。顎を固定し、流動食生活に。
> しかーし、なんと呉東さん、
> 満足にしゃべることもできない、その体で相談者と面談し、
> 1日も休まず働き続けたんだそうです。
> 流石、筋金入りの「市民の弁護士」!
>
>
> でも、呉東さんはどうして「そんなに頑張る人」なんだろう?
> そのあとの決意表明を聞いて、この謎が解けました。
>
> 呉東さんは、横須賀生まれの横須賀育ち。
> 高校は栄光学園、大学は東大法学部。
> 実はこれだけ見ると、現職の蒲谷氏と全く同じなんです。
> もちろん、
> 経歴と人柄が相関関係にあるのかどうかはわかりませんが、
> 経験が人を育てていくのは事実です。
>
> 呉東さんには大学生のとき、人生を変える経験がありました。
> 病を患い、7ヶ月間もの入院生活を余儀なくされたのです。
> そのとき呉東さんは、
> 「立ってる世界(健常者)と、寝ている世界(病人・弱者)は、
> こんなにも違うのか」と思ったそうです。
> 「寝ている世界は苦しい、不自由」
> しかも、
> 「そのことを“立ってる世界の人”には伝えられないもどかしさ」。
>
> また、生死をかけた闘病の中、横須賀の空を見ながら
> 「横須賀はいい町だ」と思ったのだそうです。
> 「この町で一生を過ごしたい」
> 「この町の人の助けになりたい」
>
> 病を克服してから、猛勉強の末、弁護士資格を取得。
> 宇都宮弁護士の事務所で8年間修行を積んだのち、
> 呉東さんは横須賀の町に帰ってきました。
>b0131214_9345561.jpg
> 横須賀での15年の活動で、
> 借金に苦しむ相談者と話し、
> マンション問題に悩む人と
> 共に闘い、わかったこと、
> それは、
> 「市は市民の問題から逃げ
> ている」。
> だから呉東さんは
> 「市民の傘となるため、
> 立候補を決意した」のだ
> そうです。
>
> 呉東さんはこうも言って
> いました。
> 「困っているのは、もうひとりの
> 私です」「ほんとうに苦しんでいる人の力になりたい」と。

*****************ここまで***


もっと詳しくお知りになりたい方は下記のサイトをご覧ください。
○ 「市民の力で、変わる横須賀」市民みんなの力で市政をつくる会ウェブサイト
○ 呉東正彦─横須賀をかける弁護士の市政への思いを伝えるブログ─



【文責・茅ヶ崎】
[PR]
by syonan-0804 | 2009-06-15 09:40 | こぼれ話

呉東さんってどんな人???


b0131214_826209.jpg


昨年秋に茅ヶ崎で、「ピアノ弾き語りと講演の夕べ(ピース11・15)」を行い
ました。その際に、第2部として弁護士・呉東正彦(ごとうまさひこ)さんに
─原子力空母の横須賀母港の危険性と憲法九条─のテーマで講演をして
いただきました。
主権者としての自覚を呼び覚ます熱のこもった内容でした。

***ここから*****************b0131214_8271949.jpg

「憲法は、国家というライオンを縛る鎖。国 
の政治はかけがえのない一人ひとりの人間
を尊重するために行われなければならない。
そしてその為の基本的条件として平和主義が
ある」

「政府が狙っている改憲では、地方自治も
危うい。地方は、地域の住民のために動くこ
とで、民主主義を実現することができる」

「原発は首都圏には作れないことになって
いるのに、なぜ原子力空母はノーチェックで
入港できるのか。不安を感じた市民が母港化の
是非を問う大規模な署名運動にとりくみ、
自分たちのことは自分たちで決める…との声と
意識が広がっている。
これからも、情報公開や安全性のチェックなど当たり前のことを、元気に粘り強く求めていく」

*****************ここまで***


b0131214_8293640.jpg


その横須賀で、6月21日告示、6月28日投票で
市長選挙が行われます。

この市長選挙に、呉東正彦弁護士(49歳)が
出馬を表明しました。
市長選挙には、2期目をめざす蒲谷亮一市長
(64歳)と新人の吉田雄人市議(33歳)も出馬の
意向を表明しています。



原子力空母の母港化によって横須賀及び湘南
の、神奈川の、首都圏の3000万人の住民は、
この危険と、何もしなければ数十年間同居させ
られることになります。

呉東正彦さんは、
”原子力空母母港見直しのためにあらゆる努力
を─市民の不安と反対を踏まえ、徹底的な安全
対策を国や米軍に強く求めるとともに、その見直
しのためのあらゆる選択肢を追及し、行動します”
を基本政策の柱のひとつに掲げています。









詳しくは下記のサイトをご覧ください。

○ 「市民の力で、変わる横須賀」市民みんなの力で市政をつくる会ウェブサイト

○ 「市民みんなの力で市政をつくる会」からのお知らせブログ
    ⇒このブログの「今日の呉東さん」のコーナーが面白いです!

○ 呉東正彦─横須賀をかける弁護士の市政への思いを伝えるブログ─
b0131214_8355430.jpg



【文責・茅ヶ崎】
[PR]
by syonan-0804 | 2009-05-31 08:40 | こぼれ話

b0131214_1113229.jpg“たたかわなければ、憲法はただの紙切れです”と
話し、北海道矢臼別の自衛隊演習場のど真ん中に
住み続けた川瀬氾二さんが亡くなりました。
心からご冥福をお祈りします。



《北海道新聞WEB (04/20 15:04)から一部引用 》
反戦地主・川瀬氾二さんが死去 「矢臼別」反対訴え

 【別海】 根室管内別海町の陸上自衛隊矢臼別演習場
内に住み続け、自衛隊に反対し平和を訴え続けた反戦
地主の川瀬氾二(かわせ・はんじ)さんが20日午前6時
1分、吐いた物を詰まらせた窒息のため釧路市内の病院
で死去した。82歳。…(中略)…葬儀は近親者のみで行う。
喪主は長女の関畑三九子(みくこ)さん。後日、偲(しの)
ぶ会を開く。
 川瀬さんは1952年に矢臼別へ入植、原生林を切り開いた。その後、
国が矢臼別演習場の用地買収を始めたが、拒否し、演習場内に残る約
16ヘクタールの所有地で営農しながら住み続け、反自衛隊闘争の象徴
的存在だった。くも膜下出血で、昨年10月から入院していた。
b0131214_1116624.jpg

《平和新聞第1893号(2009年4月25日)から一部引用》
北海道・矢臼別演習場反戦地主 
川瀬氾二さんが死去 「自衛隊違憲」掲げて45年

 …(前略)…川瀬さんは1926年に岐阜県羽島郡川島村で生まれ、終戦
後24歳の時に開拓実習生として北海道に渡りました。別海町三股部落に
入植し開拓を進めますが、政府は1962年に自衛隊演習場の設置を決め
ます。ほとんどの農家が立ち退いていくなか、川瀬さんは土地買収を拒否
し、演習場の中に留まりました。
b0131214_11551828.jpg 1966年には大阪で開催された日本平和大会に
参加し、土地と平和を守るためにたたかう恵庭や
百里、沖縄の農民たちと出会います。それ以来、
憲法を生かした「不断の努力」で、様ざまな圧力と
攻撃をはねのけ、今日まで45年間演習場の
ど真ん中で暮らしてきました。

 川瀬さんの土地は、毎年8月に平和盆踊り大会が
開かれるなど「平和の拠点」となり、そこで生きる
川瀬さんの姿は全国の反戦・平和運動を励まし続け
ました…(後略)…

【文責・茅ヶ崎】






(川瀬氾二さんをご紹介した記事は、こちらのブログにも掲載されています。)
[PR]
by syonan-0804 | 2009-04-25 11:23 | こぼれ話

近年、製作され上映されてきた”憲法9条をとりあげた映画(等)”を
整理しておきましょう。

◆ 「9-NINE 憲法9条は訴える!」 
b0131214_9185484.jpg  
  (↑公式サイトは閉じられたようです)

  監督:森康行 監修:小森陽一
  43分・2005年・九条を守ろう!映像プロジェクト
  (イメージサテライト)製作

  今は亡き小田実さん・加藤周一さんを含め
  「九条の会」呼びかけ人の皆さんが登場されます。
  またコメディアンの松元ヒロさんのパフォーマンス
  なども入っています。《映像メッセージ》


◆ 「映画 日本国憲法」 
b0131214_9564079.jpg


  監督:ジャンユンカーマン
  78分・2005年・シグロ作品

  世界から見たわたしたちの憲法…という視点で
  作られています。
  べアテシロタゴードンさん・ノームチョムスキーさんを
  初め12人の世界的な知の人々が語ります。
  《インタビュー集》


b0131214_1003494.jpg
◆ 「戦争をしない国 日本」 
  (シリーズ『憲法と共に歩む』第一篇) 


  監督:片桐直樹
  90分・2006年・製作委員会(法学館・青銅
  プロダクションなど)作品

  日本国憲法とその平和主義をめぐる規定が、
  どのように誕生したのか、
  それはどのような役割を果たしてきたのか、
  などについて歴史的な映像によって
  検証されます。
  《ドキュメンタリー映画》


◆ 「日本の青空」 
b0131214_104774.jpg

  監督:大澤豊
  123分・2007年・製作委員会
  (インディーズ)作品

  在野の憲法学者鈴木安蔵たちの
  憲法研究会が提案した「憲法草案要綱」
  がGHQに多大な影響を与えていた
  (GHQ押付論は間違い)…
  日本国憲法
  誕生の真実を描きます。


  ◆なお現在、
  「いのちの山河~日本の青空Ⅱ~」
  が製作中です。


【文責・茅ヶ崎】

(蛇足─「日本の青空」のラスト近く、多摩川河川敷で行われる「憲法風船
フェスティバル」のシーンに群集の一人として私の姿が数回写っています。)
[PR]
by syonan-0804 | 2009-03-29 10:05 | こぼれ話

替歌「麻生内閣冬景色」


ご多忙でしょうが、時には息抜きに替歌でもいかがでしょう…。

昨年末からクチコミで巷に広がってきた替歌「麻生内閣冬景色」 が、
先ごろ、3月1日「憲法寄席・2009年春席」で披露されました。
作者不詳といわれていましたが、今回は ━「憲法寄席」創作集団━
歌詞を創ったと明かしています。b0131214_18511312.jpg
巷に流れていた歌詞にも推敲が重ねられて、
言わば、「麻生内閣冬景色」決定版です。

♪アメリカ発金融危機 おきた時から
 政権維持は 藪の中
 期待された対策など 何もできずに
 支持率だけが 落ちていく
 私は辞めぬ 替われる人はない
 まんがオタク漢字読めぬ
 それがどうした
 ああ… 麻生内閣・冬景色

♪ごらんあれも二世議員 できが悪いと
 多くの人が 指をさす
 思いつきで給付金も 出してみたけど
 よけいにケチを つけられる
 解散しない 私はつづけたい
 身内までが背中ゆする
 やめろとばかりに
 ああ… 麻生内閣・冬景色





【文責・茅ヶ崎】
[PR]
by syonan-0804 | 2009-03-16 18:53 | こぼれ話
先に、このBLOGの名称を『9条フォーラム★湘南+α』に変更しました。
その”フォーラム”の意味を念のために確認しておきましょう。
b0131214_2132075.jpg

フォーラム Forum
古代ローマの市の中心に設けられた公共広場(フォルム↑)に発し、転じて
今日では、広く公共的討論の場や、集団的な公開討論法の一種を意味する
ようになった。
《以上は、平凡社大百科事典から、抜粋引用》

9条ピースウォークを共にとりくんだ湘南の仲間の自由な広場、
また、緩やかな湘南のネットワークとしての対外的な発信の場…、

そんな意味合いで良いのではないでしょうか。


【文責・茅ヶ崎】
[PR]
by syonan-0804 | 2009-03-15 21:33 | こぼれ話